ブログ ブログ

ブログ一覧

感覚過敏でコロナ対策マスクができない方のためのせんすマスク!

2020.8.5
  • ステラのとりくみ
感覚過敏の方の支援グッズを作っている会社があります。なんとその会社の社長・加藤路瑛さんは、まだ中学生、14歳!! 感覚過敏缶バッジ 苦手な肌ざわり、苦手な味、苦手な嗅覚、苦手な音、苦手な光。これらがあることを知らせる缶バ…

名古屋市北部地域療育センターは、東区・北区・西区にお住まいの子どもの発達支援を行っています

2020.7.28
  • ステラのとりくみ
名古屋市西区にある名古屋市北部地域療育センター。最寄り駅は、地下鉄鶴舞線庄内通駅で、徒歩約10分です。東区、北区、西区の子どもの発達支援の専門的相談機関として運営しています。医師や様々な職種の専門スタッフを配置し、保健所…

名古屋市西部地域療育センターは、中村区・中川区・港区にお住まいの子どもの発達支援を行っています

2020.7.25
  • ステラのとりくみ
名古屋市中川区にある名古屋市西部地域療育センター(最寄り駅は、地下鉄「八田駅」(徒歩10分)、あおなみ線「小本駅」(徒歩3分)。身近なところで、できるだけ早い時期に、お子さんの発達や成長面での不安や悩みの相談に応じ、それ…

名古屋市児童福祉センターは、児童相談所・療育センター・児童心理治療施設等を備えた複合施設

2020.7.24
  • ステラのとりくみ
名古屋市昭和区にある児童福祉センター(最寄り駅は、鶴舞線川名駅)。「児童の権利に関する条約」、「児童福祉法」などの趣旨を実現するとともに、 ・すべての児童の存在を尊重し、児童の最善の利益を優先すること ・児童の人権を擁護…

名古屋市いこいの家は、発達の遅れが気になる親御様のための施設

2020.7.23
  • ステラのとりくみ
名古屋市には、言葉や心身の発達の遅れが気になる乳幼児とその保護者の支援を行う施設として「いこいの家」があります。 NPOや社会福祉協議会、一般社団法人などが名古屋市からの業務委託を受けるというかたちで事業運営をしています…

「にじいろのさかな」は分け合うことの大切さを教えてくれる

2020.7.16
  • ステラのとりくみ港校
港校にはたくさんの絵本があります。港校の本棚の中に、「にじいろのさかな」(マーカス・フィスター作)という本があります。 主人公のにじいろのさかなは、にじいろに輝くうろこを持っていて、それが自慢。でも、いつもひとりぼっちで…
資料請求・見学 無料体験のお申し込み