ブログ ブログ

スモールステップで身辺自立

2021.04.15
  • 校舎のようす
  • 一社校
  • 幼児教室(児童発達支援)

ステラ幼児教室・一社校です。

園の春休みも終わり、本格的に新年度スタートです。
園生活が始まると、靴を履いたり、服を着たり、一人で身の回りのことをしなくてはいけないことが増えてきます。
ステラでは靴や服の着脱を直接的に練習することはありませんが、目で見て入れる練習、ボタンのはめ方の練習を、必要のあるお子さんの授業に取り入れています。

一社校には2種類のボタンはめがあります。
大きいボタンはお花、小さいボタンは魚の形です。
どちらもフェルト製で柔らかくお子さんでも持ちやすいサイズです。

ボタンが初体験のお子さんも、まずは触ってみるところからスタートです!
まずは先生が穴に通したボタンを一緒に引っ張ってみます。
引っ張ることができるようになったら次は一人で穴に入れてみます。
大き目のボタンの花ができるようになったら、小さめのボタンの魚にトライ。
お子さんの段階に応じて先生もお手伝いの量を調節し、一人で取り組めるように促していきます。

できるようになってくるとみんな集中してボタンをはめていきます。
たくさんできると得意げな表情を見せてくれます。

最後は全部つなげて、輪にして首にかけたり頭にのせたり、先生にかけてみたり、何個くっつけたかな?と数を数えたりします。
お子さんのできるところから、先生と『できた!』達成感を共有し、日常生活の身辺自立へとつなげています。

シェアする

フォローする

ブログトップへ
資料請求・見学 無料体験のお申し込み