ブログ ブログ

「にじいろのさかな」は分け合うことの大切さを教えてくれる

2020.7.16
  • ステラのとりくみ
  • 港校

港校にはたくさんの絵本があります。港校の本棚の中に、「にじいろのさかな」(マーカス・フィスター作)という本があります。

主人公のにじいろのさかなは、にじいろに輝くうろこを持っていて、それが自慢。でも、いつもひとりぼっちでした。寂しく感じたにじいろのさかなは、ある日、どうしたらよいかをたこに相談します。すると、たこは言います。

「にじいろのうろこを分けてみたら?」

最初は抵抗していたにじいろのさかなでしたが、一旦友だちに渡してみると、友だちに感謝され、周りにはきれいに輝くさかなに囲まれて、大変嬉しい気持ちになるのでした。

そして、自分の持ち物を自分だけのものにするのではなく、みんなに分けることで喜びを得られることを知るのです。

なんとも教訓が深い絵本です。大人の私にも響きました。与えることの大切さを絵本を通して、子どもたちに伝えてくれています。

シェアする

フォローする

ブログトップへ
資料請求・見学 無料体験のお申し込み