発達障害とは 発達障害とは?

発達障害とは?

発達障害は、医学的には脳の機能障害が原因であると言われています。
その症状としては、「社会的コミュニケーションの障害」「社会性の障害」「想像力の障害」や「感覚の障害」「知的機能のアンバランスさ」などがあげられます。これらの症状のため、環境や周囲の人との関わり合いが上手く持てず、社会生活において困難が発生することがあります。

見た目からは障害の有無が分かりにくいこともあり、『親の躾が悪い』や『本人の努力が足りない』などと評価されがちです。しかし、発達障害は、脳の機能障害のために起こるのであり、決して躾の問題や本人の努力不足ではありません。

発達障害は知的障害を伴わない事も多く、適切な支援により症状が緩和されることがあります。生活面で不都合が生じたり、生きにくさを感じることがある場合は、家族、学校などの身近な周りの環境と協力しながら改善するとよいでしょう。

さまざまな方向から発達障害についてご紹介いたします。

ASD(自閉症スペクトラム)

以前は自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害と呼ばれていましたが、これらを分けるのではなく『スペクトラム』という連続体を意味する単語を使用して統合されました。ASD(自閉症スペクトラム)について詳しく説明します。

ADHD(注意欠如多動性障害)

ADHD(注意欠如多動性障害)は年齢や発達に不釣りあいな不注意、多動性、衝動性のいづれか1つ以上を特徴とする発達障害です。これらの症状によって日常生活や学習に支障をきたしてしまい、生きづらさを感じてしまいます、ADHD(注意欠如多動性障害)について詳しく説明します。

LD(学習障害)

全体的に知的発達には遅れはないものの、聞く・話す・読む・書く・計算する・推論するのうちの特定のことが著しく苦手であったり、視覚的な情報処理が苦手なため難しい図形問題が解けなかったり、手先が不器用であったりします。LD(学習障害)について詳しく説明します。

発達障害の検査方法

発達障害の診断材料にもなる発達検査や人格の分析をするための検査について説明します。

発達障害の療法

発達障害についての療育法や支援の方法は様々な方法があります。それを一つずつ説明していきます。

発達障害のケース別対応事例

発達障害に対するさまざまなケース事例をまとめました。

発達障害の支援方法

発達障害の具体的な支援方法について説明します。

発達障害に関する用語集

発達障害に関する重要なキーワードをまとめました。

資料請求・見学 無料体験のお申し込み