コラム コラム

子どものワーキングメモリーを鍛える方法!遊びで記憶力アップ

2024.06.25
  • 発達障害
  • ASD(自閉症スペクトラム)
  • ADHD(注意欠如多動性障害)
  • LD(学習障害)
  • 発達障害の療法
  • 支援方法・家庭での過ごし方

子どもの学習や生活に欠かせない重要な能力であるワーキングメモリー。一時的に情報を保持して処理する能力のことで、子どもの集中力、記憶力、思考力などを向上させることができます。
今回、ワーキングメモリーの基礎知識から、ワーキングメモリーが低い子どもの特徴、鍛える方法までを解説します。

ワーキングメモリーとは?

ワーキングメモリーは、情報を一時的に保持し、操作する能力のことです。学習や思考に重要な役割を果たしており、子どもの発達においても欠かせません。
ワーキングメモリーはトレーニングによって鍛えることができます。ここでは、効果的な方法を8つご紹介します。

ワーキングメモリーを鍛えることで、学習や思考力、集中力を高めることができます。ぜひ、子どもと一緒に楽しみながらワーキングメモリーを鍛えていきましょう。

ワーキングメモリーの構成要素とは?

ワーキングメモリーは、大きく4つの要素で構成されています。

• 音韻ループ: 音声情報を保持する役割
• 視空間スケッチパッド: 視覚情報を保持する役割
• エピソードバッファ: 複数の情報を統合して保持する役割
• 中央実行系: ワーキングメモリー全体を統括する役割

これらの要素を鍛えることで、ワーキングメモリーの全体的な能力を向上させることができます。

遊びの中でワーキングメモリーを鍛える方法はたくさんあります。例えば、以下のような遊びが効果的です。

• 音韻ループを鍛える: 韻を踏んだ言葉遊び、歌を歌う
• 視空間スケッチパッドを鍛える: 絵を描いたり、パズルをしたり、迷路を解いたりする
• エピソードバッファを鍛える: 物語を聞いたり、絵本の内容を覚えたりする
• 中央実行系を鍛える: 複数のタスクを同時にこなしたり、ゲームをしたりする

遊びの中でワーキングメモリーを鍛え、子どもの学習能力や問題解決能力を向上させましょう

音韻ループの役割

ワーキングメモリーの中で、音声情報を保持する役割を担うのが音韻ループです。
音韻ループは、情報を約2秒間保持できる短期記憶です。
音韻ループは、言語の理解、学習、記憶に重要な役割を果たします。
音韻ループがうまく働かないと、以下のような問題が生じることがあります。

• 話された言葉を理解しにくくなる
• 新しい単語を覚えるのが難しくなる
• 複数の情報を同時に処理するのが難しくなる

音韻ループを鍛える方法はいくつかあります。

• 早口言葉を練習する
• リズムに合わせて言葉を言う
• 歌を歌う

音韻ループを鍛えることで、言語能力の向上につながります。

視空間スケッチパッドの重要性

視空間スケッチパッドはワーキングメモリーの構成要素の一つであり、視覚的な情報を一時的に保持する働きをします。これは、空間認知、ナビゲーション、図形認識など、さまざまな認知プロセスに不可欠です。
視空間スケッチパッドは、視覚的な情報を心の中で操作することもできます。たとえば、地図を頭の中で回転させたり、オブジェクト(もの)をさまざまな角度から想像したりすることができます。この能力は、問題解決、創造性、空間推理に重要です。
視空間スケッチパッドの容量は、個人によって異なります。容量が大きいほど、より多くの視覚情報を処理し、記憶することができます。視空間スケッチパッドの容量は、トレーニングによって向上させることができます。
視覚的な情報を処理することが苦手な場合は、視空間スケッチパッドの容量を向上させるトレーニングをするとよいでしょう。これらのトレーニングには、メンタルローテーション、オブジェクトの視覚化、地図のナビゲーションなどの訓練があります。
視空間スケッチパッドのトレーニングは、空間認知、ナビゲーション、図形認識などのさまざまな認知スキルの向上に役立ちます。また、問題解決、創造性、空間推理にも役立つ可能性があります。

エピソードバッファの働き

ワーキングメモリーの構成要素の1つであるエピソードバッファは、エピソード記憶と密接に関連しており、過去に経験した出来事や情報を一時的に保持する役割を担っています。エピソードバッファは、単なる記憶の貯蔵庫ではなく、記憶を時間軸に沿って整理し、因果関係や意味的な繋がりを理解する機能も持ち合わせています。
エピソードバッファは、ワーキングメモリーと長期記憶の橋渡し役を果たしており、過去の経験に基づいて現在進行中の思考や行動を調整し、未来の計画を立てるのに役立ちます。日常生活において、エピソードバッファはストーリーの理解、問題解決、意思決定など、様々な場面で重要な役割を果たしています。
例えば、友だちとの会話を思い出すとき、エピソードバッファは会話の内容だけでなく、場所、時間、登場人物、感情など、様々な情報を統合して記憶から検索し、あたかもその場にいるかのように鮮明に思い出すことができます。また、読んだ本の内容を理解したり、映画のストーリーを把握したりする際にも、エピソードバッファは重要な役割を果たしています。
エピソードバッファの機能は、子どもの発達においても重要な意味を持ちます。エピソードバッファがうまく機能することで、子どもは過去の経験から学び、将来の計画を立てることができるようになります。また、社会性の発達にも影響を与え、他者とのコミュニケーションや社会規範の理解にも役立ちます。
エピソードバッファの働きを理解することで、子どものワーキングメモリーを効果的に鍛えることができます。例えば、絵本を読み聞かせたり、一緒にゲームをしたり、日常の出来事について語り合ったりすることで、エピソードバッファを活性化することができます。エピソードバッファを鍛えることで、子どもの記憶力や思考力、社会性を向上させることにつながります。

中央実行系の機能

ワーキングメモリーの構成要素の中でも、特に重要な役割を担っているのが「中央実行系」です。中央実行系は、情報を一時的に保持するだけでなく、情報の処理や操作を行う役割も担っています。複数の情報を同時に処理したり、順番に処理したりといった複雑な作業を行うためには、中央実行系が効率的に機能していることが不可欠です。
子どものワーキングメモリーは、遊びや学習を通して鍛えることができます。ゲーム感覚で取り組むことが重要です。ワーキングメモリーを鍛えることで、子どもの学習能力や記憶力、思考力も向上します。

ワーキングメモリーが低い子どもの特徴とは?

ワーキングメモリーとは、情報を一時的に記憶し、処理する能力のことです。ワーキングメモリーが低いと、情報を記憶しにくかったり、複数のことを同時にこなすのが難しくなったりします。
ワーキングメモリーが低い子どもは、以下のような特徴がみられることがあります。

• 忘れ物が多い
• 複数の指示を理解することが難しい
• 読み書きや計算が苦手
• 集中力が低い
• 思考の切り替えが苦手

これらの特徴に当てはまる場合、ワーキングメモリーが低い可能性があります。しかし、これらの特徴は他の原因によっても起こり得るため、専門家に相談することが大切です。
ワーキングメモリーはトレーニングによって鍛えることができます。遊びを取り入れたトレーニング方法は、子どもが楽しみながら取り組むことができるためおすすめです。

忘れ物が多い

ワーキングメモリーが低い子どもは、情報を記憶にとどめておくことが苦手であるため、忘れ物が多い特徴が見られることがあります。しかし、このような特徴は、ワーキングメモリーが原因となって起こる二次的な問題である場合が多いため、 ワーキングメモリーを鍛えることやメモを取るなどの工夫をすることで改善することができます。

複数の物事や指示の理解が難しい

ワーキングメモリーが低いと、複数の物事や指示を理解するのが難しいことがあります。 一度に多くの情報を処理することができないため、複数の指示が混ざると混乱してしまい、何をすればいいのかわからなくなってしまいます。
例えば、宿題をする際に「机の上を片付けてから、プリントをノートに貼って、宿題を終わらせてから、ランドセルにしまっておきなさい」と言われた場合、複数の指示を一度に処理することができず、途中で何をすればいいのか忘れてしまうことがあります。
このような場合は、指示を一つずつに分解して、一つずつ完了させていくことが大切です。 例えば、上記の指示であれば、まずは「机の上を片付ける」だけを指示し、完了したら次の指示を出すようにします。 これにより、ワーキングメモリーの負担を軽減し、混乱を防ぐことができます。
また、視覚的な補助を使うことも有効です。 指示をメモに書いて渡したり、ホワイトボードに書き出して一緒に確認したりすることで、記憶の定着を促すことができます。
ワーキングメモリーが低い子どもは、複数の物事や指示を理解するのが難しいことがありますが、適切な方法で対応することで混乱を防ぎ、スムーズに作業を進めることができます。

読み書き・計算が苦手

ワーキングメモリーが低い子どもは、読み書きや計算においても苦手な特徴がみられます。
文章を読むときに内容を理解しづらい、読んだ内容を覚えていられない、文字を書き間違える、文法ミスが多いなどの傾向が見られます。計算では、計算手順を覚えておくことが難しく、ミスが多くなります。また、複数の数字を同時に処理することが困難で、暗算も苦手です。
これらの特徴は、ワーキングメモリーが情報を処理する能力が低下していることが原因と考えられます。読み書きや計算では、情報を一時的に記憶し、処理する必要があるため、ワーキングメモリーの働きが重要になります。
しかし、これらの特徴は、必ずしも学習障害を意味するわけではありません。ワーキングメモリーの強化によって、読み書きや計算の能力を向上させることができます。

<苦手な読み書き・計算の対策>
苦手克服のために、以下の方法が有効です。
• 読み書き:
• 音読練習で文章を読む練習をする。
• 文章の内容を要約したり、図解したりして理解を深める。
• 書く前に、メモを取って整理してから書く。
• スペルや文法を繰り返し練習する。
• 計算:
• 九九や計算ドリルで計算力を強化する。
• 数字をイメージで捉えることができるようにする。
• 暗算ではなく、紙に書いて計算する。
• 分割して計算するなど、計算方法を工夫する。
これらの方法を実践することで、ワーキングメモリーを鍛え、苦手な読み書き・計算を克服することが期待できます。
読み書きや計算の苦手意識を克服するために、ワーキングメモリーを鍛えるための様々な方法を実践してみましょう。

集中力が低い

ワーキングメモリーが低い子どもは、集中力が続かず、周囲の刺激にすぐに反応してしまうことがあります。そのため、授業や遊びに集中することが難しく、落ち着きがない、じっと座っていられない、などの特徴が見られることがあります。
• 授業中にボーっとしている、他のことに気を取られやすい
• 友達と遊んでいても、すぐに飽きてしまう
• 指示が守れず、すぐに他のことをやり始める
• 忘れ物が多い、物をなくしやすい
• 片付けが苦手、整理整頓ができない
• 落ち着きがなく、動き回る
• じっと座っていられない
これらの特徴は、ワーキングメモリーが低いことだけではなく、ADHDや自閉症スペクトラムなどの発達障害の可能性もあります。もし、子どもの集中力が低いことに不安を感じたら、専門医や専門家に相談してもよいでしょう。

思考の切り替えが苦手

ワーキングメモリーの能力が低い子どもは、課題の切り替えが苦手であることがよくあります。これは、複数の情報を同時に処理したり、新しい情報を古い情報と置き換えたりすることが難しいからです。
思考の切り替えが苦手な子どもは、次のような特徴が見られます。

• 同じ質問を何度も繰り返す
• すでに説明されたことを覚えていない
• 指示を途中で忘れてしまう
• 複数のタスクを同時にこなすことができない
• 新しい状況に適応するのに時間がかかる

このような特徴が見られる場合は、ワーキングメモリーのトレーニングをするとよいでしょう。

ワーキングメモリーを向上させるには?

では、子どものワーキングメモリーを向上させるにはどうすればよいでしょうか? ここでは、遊びを取り入れた効果的な方法を紹介します。

<遊びを通したワーキングメモリーの強化>
• 暗算と暗記: 暗唱やフラッシュカードを使って、数字や単語を暗記する練習をしましょう。
• デュアルタスク: 異なるタスクを同時にこなすことで、ワーキングメモリーの負荷を高めます。例えば、歌を歌いながらボールをキャッチするなど、2つの動作を同時にするとよいでしょう。
• 絵本の読み聞かせ: 絵本を読み聞かせ、その後、内容を質問することで、集中力と記憶力を鍛えます。
• 逆さ言葉: 文章や単語を逆から読むことで、ワーキングメモリーを鍛えます。
• 遊び: かくれんぼや神経衰弱など、遊びを通してワーキングメモリーを自然に鍛えることができます。
• 後出しじゃんけん: 後出しじゃんけんは、相手の出した手を読み、次の手を考える必要があるため、ワーキングメモリーを鍛えるのに効果的です。
• ゲーム: チェスや将棋、パズルなどの戦略ゲームは、ワーキングメモリーを鍛えるのに最適です。
<その他の有効な方法>
• 十分な睡眠: 十分な睡眠は、脳の働きを回復させ、ワーキングメモリーを向上させるのに不可欠です。
• ゲーム感覚で: 楽しみながら取り組むことで、学習効果を高めることができます。
<ワーキングメモリーを鍛えることのメリット>
ワーキングメモリーを鍛えることで、学習能力や問題解決能力が向上し、集中力や記憶力も高まります。さらに、コミュニケーション能力や創造性も育むことができます。
遊びや楽しみながらできる方法を取り入れることで、子どものワーキングメモリーを効果的に鍛えることができます。これらの方法を参考に、子どもの成長をサポートしていきましょう。

ワーキングメモリーを鍛えるための8つの効果的な方法

暗算と暗記の効果

暗算と暗記は、ワーキングメモリーを鍛えるための効果的な方法です。暗算は、数字を記憶しながら計算する能力を鍛えます。暗記は、情報を記憶し、思い出す能力を鍛えます。これらの能力は、ワーキングメモリーにとって不可欠です。
暗算と暗記の練習には、さまざまな方法があります。たとえば、暗算練習帳や暗記カードを使用したり、ゲームをしたり、暗唱をしたりすることがあります。これらの練習を継続的に行うことで、ワーキングメモリーは徐々に鍛えられていきます。
暗算と暗記は、ワーキングメモリーを鍛えるだけでなく、さまざまな場面で役立ちます。暗算は、買い物や料理、旅行など、日常生活で役立ちますし、暗記は、勉強や仕事、趣味など、さまざまな場面で役立ちます。
暗算と暗記を練習することで、ワーキングメモリーを強化し、さまざまな場面で役立てましょう。
<暗算と暗記のメリット>
• 計算能力の向上
• 情報の記憶と想起能力の向上
• 集中力の向上
• 思考力の向上
• 問題解決能力の向上

デュアルタスクの効果的な取り組み方

デュアルタスクとは、2つのタスクを同時に実行することを指します。ワーキングメモリーを鍛える方法として有効ですが、効果的な取り組み方があります。
• 同時に処理するタスクの難易度を調整する
• 関連性のあるタスクを組み合わせる
• 慣れたタスクを組み合わせる
• 徐々に難易度を上げる
• 集中力を高める
• 十分な休息を取る
最初は簡単なタスクから始めて、徐々に難易度を上げることが大切です。また、集中力を高めることでワーキングメモリーの効率が上がり、十分な休息を取ることでワーキングメモリーの効率が回復します。
デュアルタスクは慣れるまでは難しいですが、上記のようなポイントを意識することで、効率的にワーキングメモリーを鍛えることができます。

絵本の読み聞かせが与える影響

絵本の読み聞かせは、子どものワーキングメモリーを鍛えるのに効果的です。 それは、絵本が様々な要素を含んでいるためです。
絵本に含まれる要素は、複雑なストーリー、視覚的な刺激、音韻的な刺激、反復です。 絵本の読み聞かせは、ワーキングメモリーを鍛えるだけでなく、語彙力の向上、想像力の向上、集中力の向上、コミュニケーション能力の向上などの効果をもたらします。 ぜひ、子どもに絵本を読み聞かせてあげてください。

逆さ言葉を使った記憶力トレーニング

逆さ言葉を使った記憶力トレーニングは、子どものワーキングメモリーを向上させるための効果的な方法の1つです。このトレーニングは、脳の複数の領域を同時に働かせることで、ワーキングメモリーを強化することができます。
まず、覚えたい単語をいくつか用意します。次に、その単語を逆から読み上げます。最後に、逆から読んだ単語を正しい順番に並べ替えます。
このトレーニングは、1日に数回、数分間行うだけで効果があります。最初は簡単な単語から始めて、徐々に難しい単語にチャレンジしていくことをおすすめします。
逆さ言葉を使った記憶力トレーニングは、子どもの年齢や能力に合わせて難易度を調整する必要があります。また、楽しく取り組めるようにすることも大切です。もし、トレーニングに飽きてしまったり、ストレスを感じている場合は、無理に続けずに別の方法を試してみてください。
ワーキングメモリーは、子どもの学習や生活に大きな影響を与えます。逆さ言葉を使った記憶力トレーニングをはじめ、様々な方法でワーキングメモリーを鍛えることで、学習能力や集中力を向上させることができます。子どもの年齢や能力に合わせて、楽しく効果的なトレーニング方法を選択してみてください。

遊びを通じてワーキングメモリーを鍛える

遊びは、子どものワーキングメモリーを鍛えるのに最適な方法です。以下に、遊びを通じたワーキングメモリートレーニングの例を挙げます。
• 絵本の読み聞かせ: 絵本を読むことで、登場人物の名前やストーリー展開を記憶する必要がある
• 逆さ言葉を使った記憶力トレーニング: 逆さ言葉で文章を言うことで、言葉を記憶し、音順を反転させる必要がある
• 後出しじゃんけん: 後出しじゃんけんは、相手の手を記憶し、出し負けしないように手を出す必要がある
• ゲームを活用したトレーニング: ボードゲームやカードゲームなど、ルールや手順を記憶し、戦略的にプレイする必要がある

これらの遊びは、楽しみながらワーキングメモリーを鍛えることができます。毎日継続的に取り組むことで、子どもの記憶力や集中力を向上させましょう。

後出しじゃんけんでワーキングメモリーを鍛える

情報を一時的に保持し、操作する能力であるワーキングメモリーは、子どもの学習において重要な役割を果たします。後出しじゃんけんは、ワーキングメモリーのトレーニングに効果的な方法です。
後出しじゃんけんは、相手が出した手の形を記憶し、同時に自分の出す手を考えなければならないため、ワーキングメモリーの2つの重要な機能である、情報を保持することと操作することを同時に鍛えることができます。
後出しじゃんけんのメリットは次のとおりです。
• 楽しみながらトレーニングできる
• いつでもどこでもできる
• 様々なバリエーションがある
後出しじゃんけんを始める際は、以下の点に注意しましょう。
• 年齢や能力に応じて難易度を調整する
• 楽しく取り組むことを重視する
後出しじゃんけんは、楽しみながらワーキングメモリーを鍛えられる効果的な方法です。ぜひ、一緒に楽しんで取り組んでみてください。

ゲームを活用してワーキングメモリーを鍛える

ワーキングメモリーを鍛えるには、様々な方法がありますが、その中でも子どもにとって楽しく取り組めるのがゲームです。ゲームは、楽しみながら自然とワーキングメモリーを使うことができるため、学習効果も高まります。
ワーキングメモリーを鍛えるゲームには、以下のようなものがあります。
• 神経衰弱
• 記憶ゲーム
• 数字ゲーム
• ジェスチャーゲーム
• しりとりゲーム
これらのゲームは、子どもにとって楽しく取り組めるだけでなく、ワーキングメモリーを鍛える効果も高いです。

睡眠をしっかりとることの重要性

睡眠はワーキングメモリーを強化する上で不可欠です。睡眠中は脳が情報を整理し、記憶を定着させます。十分な睡眠をとることで、ワーキングメモリーの容量と効率が向上し、情報を処理する能力が高まります。
研究によると、睡眠不足はワーキングメモリーに負の影響を与えることが示されています。睡眠不足の人は、情報を記憶したり、処理したりするのに苦労することが多く、注意力が散漫になりやすい傾向にあります。
子どもにとって、睡眠は特に重要です。成長期にある子どもは、大人よりも多くの睡眠を必要とし、睡眠が脳の発達に重要な役割を果たします。十分な睡眠をとることで、ワーキングメモリーの発達を促進し、学習能力を高めることができます。
ワーキングメモリーを強化するためには、以下の睡眠の習慣を心がけましょう。
• 毎日決まった時間に就寝し、起床する
• 寝室を暗く、静かで涼しく保つ
• 寝る前にカフェインやアルコールを避ける
• 適度な運動をする
• ストレスを軽減する
睡眠をしっかりとることで、ワーキングメモリーの強化だけでなく、心身の健康と幸福感にも良い影響を与えます。

ゲーム感覚で取り組むことが重要

子どもの脳は、遊びを通して着実に成長します。ワーキングメモリーを鍛える方法も、遊びを積極的に取り入れることで、楽しみながら記憶力を向上させることができます。

ワーキングメモリーを鍛える遊びには、以下のようなものがありました。

• 暗算と暗記: 計算問題や暗記カードを使って、繰り返し練習することで記憶力を鍛えることができます。
• デュアルタスク: 複数のタスクを同時にこなすことで、ワーキングメモリーを効率的に使うことができます。例えば、料理をしながらテレビを見たり、音楽を聴きながら勉強したりなどが挙げられます。
• 絵本の読み聞かせ: 絵本の読み聞かせは、子どもの想像力を豊かにし、記憶力を向上させることができます。また、親子でコミュニケーションをとることで、子どもの情緒も安定します。
• 逆さ言葉を使った記憶力トレーニング: 逆さ言葉を使って文章を復唱することで、ワーキングメモリーを鍛えることができます。
• 後出しじゃんけん: 後出しじゃんけんは、相手の行動を予測しながら行動する必要があるため、ワーキングメモリーを鍛えることができます。
• ゲームを活用してワーキングメモリーを鍛える: 記憶力や判断力を必要とするゲームは、楽しみながらワーキングメモリーを鍛えることができます。例えば、カードゲームやパズルゲームなどが挙げられます。
• 睡眠をしっかりとること: 睡眠中は脳が休まり、記憶が整理されます。そのため、子どもの睡眠時間をしっかりと確保することが、ワーキングメモリーを鍛えるためには重要です。
これらの遊びを日常的に取り入れることで、子どものワーキングメモリーを効果的に鍛えることができます。

ポイント
• ワーキングメモリーは遊びを通して鍛えることができます。
• 楽しみながら記憶力を向上させることができます。
• 日常的に遊びを取り入れることで効果的にワーキングメモリーを鍛えることができます。

遊びを通じて楽しくワーキングメモリーを鍛え、子どもの学習や思考能力を向上させましょう!

参考資料
• ワーキングメモリーの鍛え方
• 子どものワーキングメモリーを鍛える方法
• ワーキングメモリーを鍛える遊び

幼児教室を詳しく見る

個別支援塾を詳しく見る

シェアする

フォローする

コラムトップへ
資料請求・見学 無料体験のお申し込み