幼児(0~6歳)のお子さま 児童発達支援コースについて

児童発達支援コースについて

以下校舎では、児童福祉法に基づく児童発達支援事業としてご利用が可能です。一人ひとりの発達に合わせた支援を行なっています。
※ご契約前に体験指導は行いませんので、ご注意ください。

児童発達支援事業とは?

平成24年4月から始まった児童福祉法に基づくサービスの1つです。0歳から小学校入学前の未就学児が対象です。障害児のみならず、発達の遅れが気になる子どもも対象となります。
そのため、精神障害者保険福祉手帳や療育手帳などの交付を受けている必要はなく、そのお子さまに療育が必要かどうかが判断基準となります。自治体が医師の診断書等を元に「療育が必要」と判断すれば、給付がもらえます。

ご利用料金

国と自治体の給付によりサービス利用料金全額の1割程度の負担(1回あたり約1,100円)でご利用いただくことが可能です。また、世帯の収入に応じて月上限額が適用されます。

ご利用までの流れ

お問い合わせ

まずは、メール・電話にてお気軽にお問い合わせください。ご質問について、
丁寧にお答え致します。ご来所いただき、施設をご見学いただくことも可能です。

受給者証の発行手続き

受給者証発行の手続きを市役所児童福祉課などにて行ってください。
受給者証を受け取るまでの基本的な流れ

アセスメント・個別支援計画

面談にてお子さまのご様子をお伺いし、個別計画を作成します。

入会手続き(ご契約)

受給者証などの必要書類をご持参いただき、契約書にサインをお願いします。

指導の実施

個別支援計画に基づいて、指導員による指導を実施します。

資料請求・見学 無料体験のお申し込み