ブログ ブログ

名古屋市の早期療育子ども発達支援事業の動画紹介

2018.4.23
  • 上飯田校
  • 名駅東校
  • 新瑞橋校
  • 一社校
  • 高畑校
  • 児童発達支援
  • ステラブログ

こんにちは。名古屋市にある児童発達支援のステラ幼児教室です。

名古屋市が公開している「なごや動画館 まるはっちゅーぶ」という名古屋市の様々な取り組みを動画で紹介するサイトがあります。

その中の3チャンネルに「 健康・福祉・子育て」のカテゴリーがあり、内容は名古屋市の早期子ども発達支援事業に関するもので、とても分かりやすく各施設について説明しているので、皆様にもぜひ見ていただきたいと思いここでご紹介致します。

なごや動画館まるはっちょーぶ http://www.city.nagoya.jp/dogakan/

地域療育センター

地域療育センターとは、診療所と児童発達支援センターを一体として運営する、名古屋市の早期こども発達支援の中核となる施設です。

名古屋市内には名古屋市中央療育センター、名古屋市西部地域療育センター、名古屋市北部地域療育センター、南部地域療育センターそよ風、東部地域療育センターぽけっとの5つの施設があります。

地域療育センターはお住まいの区で利用できる施設が分かれています。くわしくは「発達障害支援 名古屋市地域療育センターをまとめてみました。」で紹介しています。

>>地域療育センターについて


児童発達支援センター

発達に遅れや偏りのあるお子さんの発達を支援する児童福祉施設です。

南部地域療育センター内のそよ風、東部地域療育センター内のぽけっとなどのように地域療育センターと併設しているところや、さわらび園や発達センターちよだなどのように単独の施設もあります。費用は保育料がかかりますが、自治体が医師の診断書等を元に「療育が必要」と判断すれば、給付がもらえます。


療育グループ

親子で利用出来る発達支援の施設です。通園前のならし期間としてプレ授業を行っています。年齢、発達の状況によってグループがあり、親子で楽しく遊びながら、子供の好きなこと、苦手なことを親御さんとともに捉えながら支援していきます。母親の交流の場ともなっています。

場所は児童発達支援センターと同じになります。費用は無料です。


いこいの家

親子で通ってもらう区役所認定がいらない発達支援施設です、お子さんの集団行動の練習を通して、発達支援を行っていきます。母親の情報共有の場でもあります。

児童発達支援センター、児童発達支援指定事業所、療育グループ、保育所、幼稚園に通いながら利用することが可能です。費用は無料です。

名古屋市内にはあつたいこいの家(名古屋手をつなぐ育成会が運営)や千種児童館いこいの家(名古屋市千種区社会福祉協議会が運営)など、11箇所の施設があります。

シェアする

フォローする

ブログトップへ
資料請求・見学 無料体験のお申し込み